スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜い〜じゃん誕生祭

ハマこい踊りでも踊られた、横浜の新しい総踊りが今年生まれたのを記念したお祭りに土曜日に行ってきた。今年撮った写真をチームのかたに渡す目的がメインだったので、ちょっと遅刻して午後一時過ぎに到着。
メイン会場はランドマークタワー前のドックヤードガーデン。
赤れんが倉庫より古い、歴史あるドックを保存・再現したもので、ロケーションとしてもなかなか味わい深い。
横浜のチームを中心に20チームほどが集まって行われた。
ドックヤードガーデンはビル風の吹き下ろしがあって、けっこう寒かった。
途中、フラフの競演があるんだけど、この時が風のピークで大旗を振るのはメチャクチャ大変そうだった。

横浜い〜じゃん誕生祭

K-one 動流夢ドリーム
横浜い〜じゃん誕生祭

R-TASTe
横浜い〜じゃん誕生祭

パワフル
横浜い〜じゃん誕生祭

乱気流
横浜い〜じゃん誕生祭

疾風乱舞
横浜い〜じゃん誕生祭
スポンサーサイト

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

第3回渋谷よさこい

渋谷は渋谷でも、大和市の高座渋谷。
二年ぶりの撮影となる。
前回は西口だけだったのが、今回は東口にも演舞会場ができて徐々に開催規模が大きくなっているようだ。
ただ、この高座渋谷駅は駅に連絡通路がないので、踏切を渡る分遠回りをしなければならない。
会場が増え、撮りたいチームも多いので、移動がけっこうたいへんだった。

よさこいシーズンも終盤なので、各地で撮った写真をまとめて少しずつチームのかたに渡してるので、それもチョコマカと忙しい。でもま、地元の祭りではない気楽さで、撮影のほうはプレシャーもなく撮れてよかった。

无邪志府中魁星
渋谷よさこい

祭・WAIWAI よこはま
渋谷よさこい

浜スマ
渋谷よさこい

舞ルネサンス
渋谷よさこい

ど〜んと Coco de 踊らん会
渋谷よさこい

あつぎどっこいしょ
渋谷よさこい

疾風乱舞
渋谷よさこい

乱気流
渋谷よさこい

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

お峰入り

お峰入り

お峰入りは次回開催が定かではないので、最優先取材先のひとつ。過疎化が進む山北町の中で、厳しい状況続く共和地区の民俗芸能なので、存続自体が難しいところにきているとのこと。
現在の演者の三割近くが共和地区を出てしまった人で締められるまでに。地区の小学校も平成22年度をもって閉校となってしまった。これから先も若い世代への伝承の困難さが懸念されている。
暗い話だけど、これが現実なのであろう。
前回、役場駐車場が大混雑だったので、一時間以上前につく電車に乗ったけれど、それでも半分ほどは埋まっていた。もう少し広い会場でお願いしたいんだけど、無理かな〜。
ともあれ、最後列の立ち見席で撮影できたので、写真はソコソコ良かったと思う。この運営でナイスだったのが、桟敷席前の三角コーンと虎バーを演舞直前に撤去したのと、来賓席に空きがあったので開放してくれたこと。まあ、自分がそれで恩恵を受けたという事はないけど、臨機応変な対応は気持ちがいいもの。
前回と違っていたのが、「道行き」が大野山山頂から行われたこと。時間的に間に合わないと思ったけど、乗り合いタクシーに空きがあって、楽勝で山頂に着く。(そりゃそうだ) 牧歌的な雰囲気が加わり、こういうのも悪くないと思った。
神明社での演舞は山間の神社の境内というロケーションが素晴らしく、より深く感じるものがある。
どうして、数百年もこの集落でこのように複雑でエネルギーを必要とする郷土芸能が継承されてきたのか、その情熱はどこから来ているのかなど、思い巡らせながら観るのもまた楽しかった。

お峰入り
お峰入り

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

ISEHARAソーレ 小田原 風の盆

本日は伊勢原市のISEHARAソーレを見た後に小田原風の盆へ。
まずISEHARAソーレは伊勢原市ゆかりの太田道灌にちなんだ道灌祭りと同時開催されるので、人が多い。5年前にも来たけど、ここまでは混んでなかったような気がする。出場するのは、よさこいを中心にした市内外チーム。コンテストがあるわけでもないので、マッタリとしている。
風の盆があったので、知ったチームをチョット撮って、ソソクサと退散。東農大2チームや実践女子大WINGも見たかったけど、会場が離れているので、難しかった。

Splash Monkies
ISEHARAソーレ

Funny
ISEHARAソーレ

踊人〜ODORINCHU〜
ISEHARAソーレ

いせはら舞呼
ISEHARAソーレ

風の盆はテッキリ6時30分スタートかと思っていたけど、今年は少し遅めの7時。まあ早い分には問題ないでしょうと、のんびり待つ。
演舞開始1時間半前でもチラホラと場所取りの人がいた。
やっと倖田門通りが通行止めになり、いよいよ始まるかと思ったところで、いきなりピンチの予感。なぜか演舞開始ギリギリになって「報道」の腕章をした人たちがワラワラと演舞場へやってきた。タウン紙のスチルカメラが3人と地元ケーブルテレビが一人。前に立たれるとここまで待った苦労が水の泡、メンチ前に来ませんようにと祈りながら撮り始めると、幸いほとんど前に立たれる事はなかった。でも自分より10メートルほど後ろにいた人は三脚で撮る人に長時間立たれてしまったから悲惨だったなあ。というか、なんで、スチル3人も入れるのかわからん。
3年ぶりの撮影だから判らなかったけど、いつからこういう事になってるのだろうか?観るのも運次第だなあ。 笑←自分の前に立たれたら、笑ってられないけど。

小田原 風の盆
小田原 風の盆
小田原 風の盆

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

箱根ススキの原 金時山

箱根ススキの原

8日体育の日に箱根の仙石原高原にススキの様子を見に行ってきた。
まだ、ちょっと早いかなと思ったけれど、穂が開き切っていないのもなかなか良い。
これから一ヶ月ほどが見頃となるだろう。
この後、金時山経由で帰る予定だったので朝、早い時間に訪れたけど、もうすでに大勢の人で賑わっていた。
ススキで秋を感じたい人がこれほど多いというのが、少し驚きであると同時に、うれしくもある。
なんというか、一面のカラフルなお花畑(ススキも花ではあるけど)ではなくても魅力を感じる、繊細な感覚を多くの人が持ち合わせているという事実がなんか嬉しいんだね。

箱根ススキの原
箱根ススキの原
箱根ススキの原

街でも、桜やケヤキの葉が黄色くなり始めたので金時山の上の方なら、もう紅葉が始まっているかもしれないと思ったけど、まるでそういう気配はなかった。
けれど、山野草の花はまだ見る事ができて、なかなか楽しい道のりだった。
天気が良いとここの山頂はとにかく人が多い。見晴らしがよいので「登ったどー!」感が強いのだろうね。
この日は未就学の小さな子供達が多かった。金時は地元の小学校でも高学年にならないと遠足コースにならないのに、みんな頑張ったんだねえ。

金時山

ほととぎす
金時山

ノコンギクの咲く道
金時山

山頂から見る富士は金時山、絶景のシンボル
金時山

すっかり見る機会も減ったマツムシソウ
金時山 マツムシソウ

紅葉はまだまだ
金時山

リンドウがまだ咲いていた
金時山

こちらは有名なトリカブト 花はこんなにキレイだ
金時山

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

ODAWARAえっさホイおどり'12 日曜日

ODAWARAえっさホイおどり'12

二日目の日曜日は、コンテストに参加しないチームも加わわるのでバラエティに富んだ顔ぶれになる。台風の予報にも関わらず、県外からも踊りにきてくれた。ありがたいよね。

日曜日参加チームだけが踊る「本丸会場」から撮り始めたけど、台風予報の影響か客足はもうひとつ。断続的に雨も降ったので、しょうがないんだけど、もうちょっと集まって欲しかったなあ。

ちょうど、本丸会場の演舞が終了した頃から雨が強くなり、いつ中止の声がかかってもおかしくない状況。僕はお堀端通りの流し会場で撮ってたんだけど、運が悪いとスタンバイの状態でずぶ濡れになってしまうチームもあった。そこからさらに雨に打たれながら、3ループくらい流し踊るわけだから大変だよ。流石に都内や横浜のチームは電車の心配もあって、途中で切り上げたけど、市内や近隣チームは最後の総踊りまで、盛り上がっていた。
最後まで撮影していた自分を棚に上げさせてもらうけど、みんなバカだよね〜。笑
でも実行委員会は難しい判断を迫られながら、状況を見て臨機応変に対応していた。こちらはファインプレーだったんじゃない?
台風がきているのだから、中止にする名目はあったし、そう判断しても非難はされなかったはず。でも、最後まで踊りたい気持ちを汲んでギリギリの所で踏ん張ったんじゃないかなあ。

本丸会場にくのいち参上 花風舞喜
ODAWARAえっさホイおどり'12

新作を初披露 あつぎどっこいしょ
ODAWARAえっさホイおどり'12

華麗な演舞 FUNNY
ODAWARAえっさホイおどり'12

衣装を一新 Team湘南
ODAWARAえっさホイおどり'12

流しを見たかった 舞ルネサンス
ODAWARAえっさホイおどり'12

府中から遠路 无邪志府中魁星
ODAWARAえっさホイおどり'12

相変わらず力強い 浜スマ
ODAWARAえっさホイおどり'12

「なるま」ちゃんの舞踊工場
ODAWARAえっさホイおどり'12

久しぶりの大井町ひょうたん文化推進協議会文化部(な、長い)
ODAWARAえっさホイおどり'12

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

ODAWARAえっさホイおどり'12 土曜日


ODAWARAえっさホイおどり'12

先週末は毎年恒例のえっさホイの撮影へ。このお祭りも年々、充実してきていて、県西部地区でも指折りの集客力を持つまでになっている。
城址公園二の丸広場にはメインステージのほか、様々なブースが設けられていて、中でも飲食店の充実が目立つ。一日ゆっくりと遊ぶのにもいいし、踊り子さんにも空いた時間に手早く腹ごしらえできるので評判がいいらしい。
撮影をするにもこの手軽さは、ありがたい。今年は久しぶりに小田原おでんを食べてみた。おでん祭りのページに「あまり特徴がない」的なことを書いてしまったんだけど、改めて食べてみると癖のなさが、あえて特徴なのかもしれないという気がした。昆布と塩ベースの出汁に練りモノから出る動物性の旨味成分がよく調和して、サッパリしているけど、旨味の強いおでんに仕上がっている。オリジナルの梅味噌をつけると、さらにサッパリ食べられる。

ODAWARAえっさホイおどり'12


昨年、えっさホイのコンテスト参加がなかなか増えないと書いたけど、今年は19チームから23チームに増えてくれた。中でも注目は県内は無論、関東各地のよさこい系祭りで華々しい活躍を続けている疾風乱舞。うちの写真帖でも大活躍(笑)。初出場ながら準大賞を受賞した。おそらく、審査された方は初見だったと思うけど、高い評価を得た。
大賞受賞は昨年、震災の影響で練習時間を取れず、長年続けてきた受賞演舞を逃してしまった「聯」。今年は迫力の演舞が復活しての栄冠。素人目でも踊り込みの量を想像することができた。

大賞 聯
ODAWARAえっさホイおどり'12

準大賞 疾風乱舞
ODAWARAえっさホイおどり'12

準大賞 さがみ信用金庫「翔舞」
ODAWARAえっさホイおどり'12

小田原市長賞 乱気流
ODAWARAえっさホイおどり'12

元気フェスタ賞 ぴょんぴょん天手子舞
ODAWARAえっさホイおどり'12

YEG賞 踊って弥雷!
ODAWARAえっさホイおどり'12

楽曲賞 ODAWARA鈴廣隊
ODAWARAえっさホイおどり'12

ルーキー賞 浜スマRUSH!!
ODAWARAえっさホイおどり'12

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

プロフィール

菅谷 栄二

Author:菅谷 栄二
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。