FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よさこい in 府中 '12

まず、ご報告。
よさこい in 府中のおいて、ODAWARA えっさホイに参加してくれている「无邪志府中魁星」さんが大賞を受賞されました。
ずっと準大賞の受賞常連だったので、念願の受賞となったよう。涙の受賞、受賞演舞中も目が赤い人、多数。おめでとうございます!
この日は前日以上に撮影チームを絞ったんだけど、やはり2000枚を超えてしまう。いやあ、マジで撮りすぎを何とかしないといけない。このままではよさこい写真の撮影と整理で一生が終わってしまいかねない。(笑)

そうそう、今日初めてよさこいの撮影で膝が痛くなるという経験をしてしまった。いやいや、踊ってる人を撮ってるだけで、膝が痛いってどうゆうことなの?ぼくはジャンプもターンもしてないって!
来週、天候と体調が良ければ富士山に登ってみたいと思っていたけど、これじゃあ無理かな〜。
よさこいのようなアクティブな人たちをずっと撮ってると、どうも自分でも身体を動かしたくなるようで、自分が山にハマりつつあるのもそういう影響が確かにある。そういえば、マラソン(しかもフルマラソン)に夢中になってる人もいるし、いつの間にか旗士になってしまっているカメラマンもいる。というか、今日ガンガン振ってました。

踊って弥雷!
T8260831.jpg

摩耶恋
T8260351.jpg

无邪志府中魁星
T8261190.jpg

國府よさこい
T8269742.jpg

K-one 動流夢
T8260758.jpg

踊って弥雷! ステージ動画
スポンサーサイト

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

原宿元気よさこい

土曜日は撮影3年目の原宿元気よさこい。かつてはハマこいと被ることが多くて、なかなか来れなかったんだけど、この三年はハマこいがずれているのでここで撮影するのが恒例になりつつある。
撮るのは土曜日ばかり。日曜日のみの表参道も撮りたいんだけど、そちらは府中よさこいを撮るので、まだ撮ったことはない。小田原から参加の聯さんも日曜日の演舞で残念。
ここは早い時間から観客(多くはカメラマン)が集まるので、一時間以上前に到着したんだけど、やはり良い場所は抑えられてしまっていた。けれど日当たりのよい(笑)端っこのほうが空いていたので、まずはいいでしょう。
ここの特徴は観客の多さだと思っていたけど、さすがに日向はなかなか人がやってこない。ホント、ちょっと間違えると救急搬送されかねない暑さなんで、さもありなん。幸い、午後一時半くらいに木影になったので、熱中症にはならなかったけど、予定の3時まであのままだったら、どうなっていたやら。
よさこい系のお祭りとしては、おそらく、関東最高額の参加費だろう。みんな高いお金を出してまで踊りに来ているから、気合が入っている。→イヤらしい言い方ですまん。
撮影は地元チームを中心に絞って撮ったつもりだったんだけど、気がつけば2千枚オーバーしていた。未だ坂戸よさこいの写真も手付かずなのに困ったもんだ。

C1000げんきいろ隊
T8257410.jpg

舞ルネサンス
T8257595.jpg

熱風舞人
T8258356.jpg

Funny
T8257670.jpg

パワフル
T8257797.jpg

疾風乱舞
T8257979.jpg

乱気流
P8250603.jpg

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

坂戸よさこい '12

前日は標準時間を登り下りで1時間30分もオーバーしてやっと帰ってきたというのに、日曜日は片道3時間近くかかる坂戸よさこいへと出かけてみた。→おっさん頑張ってるよな〜 (笑。
流し会場が充実しているということでいつかは行ってみたいと思っていたけど、いかんせん遠い。
今年は疾風乱舞さんが出るというので、キッカケもできてよかった。こういうことはきっかけが大事。
ここが、予想以上に流し会場が充実していて驚いた。一つの会場で3ループくらいするので、踊り子さんの充実感はきっとすごいと思う。100チーム以上がエントリーしているのも頷ける。
道路を長く使うということは、会場間の移動も大変ということで、これは見られるんじゃないかとアタリをつけて移動すると時すでに遅し。という事が多かったな〜。

昨日、山道を15キロも歩いた身にはチョットハードすぎるので暗くなり始めた頃、ソロソロ帰ろうかと思ったところで、疾風乱舞の代表、Rie先生が3位以内が決まったと地方車からアナウンスしている。おっと、これは帰れなくなってしまったぞ。
結局、大賞・準大賞の受賞演舞まで観て帰りました。

初出場ながら準大賞を受賞した疾風乱舞
T8196253.jpg
T8197244.jpg
T8197245.jpg

坂戸で踊る上総連もここに来た目的のひとつ
しかし、会場の長さと人数が合わずに固定演舞になってしまった。
同じ人ばかりを撮るようになってしまうので、遠くの人をこんな風に
撮ってみた。基本的にこういう写真は撮らないんだけど。
P8195239.jpg
P8195251.jpg

摩訶不思議ワールドは舞踊工場の独壇場
T8196551.jpg

本格派よさこい踊りの花町百人衆
P8195280.jpg

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

ヤビツ峠から塔ノ岳

先々週の鍋割山は予想以上のタフさに加えて、自分が運動不足だったのも大きく影響したと思う。けっこう登ってきたから足腰が鍛えられていると信じたかったのかもしれない。おっさんは何にもしないでいると、あっという間に衰えちゃうお年頃というのを実感した一日だった。
あれから4日間も筋肉痛を引きずり、今度こそはと挑んだのが、ヤビツ峠から塔の岳へのルート。8月18日、先週の土曜日の事。ここは出発点の標高が高いので、楽できるかもしれないと思ったのがいかんかった。ピークが多くて累計ではかなりの標高差になる。それに行者ガ岳からの下りにキツイ鎖場まであって体力を消耗する。

三の塔からの眺望はなく間なしに雨となる。前途多難な。
P8180052.jpg

雨に濡れた岩と鎖が滑る恐怖の岩場
IMG_0239.jpg

ここの鎖も怖かったけど、三ノ塔下りから降り出した雨が雷様まで連れてきてくれて、見晴らしの良い尾根ではヒヤヒヤだった。よほど途中のエスケープルートで逃げようと思ったけど、何とか思いとどまった。
すると、新大日を越えたあたりで雨が止み、山霧が雲海のごとく眼下に広がる美しい風景が現れた。雨上がりの光もたいそう美しい。塔ノ岳山頂からの景色も素晴らしいのだけど、この日は雨のせいで、人が少なかった。あんなに静かな塔ノ岳は初めてだった。

霧が晴れると美しい尾根道を見渡せる
IMG_0221.jpg

人慣れしてる鹿。でも牡鹿の角は危険だろう
IMG_0251.jpg

本当に自然の写真は運9割。しかしトライし続けないと、それはやってこない。
P8180068.jpg
V8187195.jpg
P8180103.jpg


人が少ないせいか鹿も山道まで出てきて、悠々と食事をしていた。
いいかげん大倉尾根の下りはウンザリなんだけど、予定していた二俣のルートは雨で川を渡れない可能性があるので、またもこのルート。ええ、膝痛いっす。

P8180084.jpg
P8180087.jpg
P8180105.jpg

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

鍋割山

8月12日は丹沢の鍋割山へ。

せっかく山の多い西部地区なのだから、ハイキング・登山を取り上げようとずっと考えていて、それなりに地道に取材してきたんだけど、山は時間がかかる。
もちろん、取材していないところを、観光協会から写真を借りてきて、ネットで適当に情報を集めてコンテンツにしてしまうなんてのは最悪だから、絶対にやりたくないので、時間がかかるのは仕方ないんだけどね。
この日はまだ登ったことがない鍋割山を松田町の寄からのルートで挑戦した。鍋割山へは大倉から二俣経由で登るのが人気だけど、やはり西かながわ画報的に松田町から登ってみたかった。
ところが、最初のゲートのところでつまづく。土砂が堆積してどうやっても開かないのだ。よくよく探すと林道少し下ったところに針金でつながれたゲートがあったので、そこから何とか入り、元どおりに復旧して正規ルートに復帰した。でも、これは下りだったらマズわからない。道迷いを誘発するのは火を見るより明らか。なんとかしないと事故になるよ。

そんな様子だから、二俣からの合流があるまでは、2台のMTBに会っただけで静かなもの。
その代わり、虫がうるさかった。吸血性のアブやスズメバチが絶えずよってくる。さすがにスズメバチはヤバいので、しつこいと身をかがめてダッシュをするしかない。これが4回くらいあって、それだけでもうヘロヘロ。
鍋割山まで栗の木洞と櫟山の二つのピークを超えるので、距離から想像するよりかなりハードだ。
ダッシュも挟んでペースボロボロなので、かなり応えた。名物の焼うどんを注文したかったけど、時間がかかりそうだったので持参したおにぎりで済ます。

ここは眺望がいいことで知られているけど、生憎ガスってて何も見えない。このまま山頂からの写真を載せないでコンテンツにはならないので、無駄骨になってしまったけど、まあしょうがないでしょう。その代わり、ここから金冷ヤシまでのブナ林がしっとりとして良い感じだった。
すぐそばの塔の岳にはよらず、膝クラッシャーで有名な大倉尾根を下った。鍋割の時点で痛みが出てたので、当然のように左膝が悲鳴をあげる。休みを多めにとってやっと下山した。

堆積した土で埋まってびくともしないゲート
P8128761.jpg

少し下った林道のゲートは針金で固定されているだけで開けるのも一苦労
P8128763.jpg

ガスっていた橺山
P8128792.jpg

鍋割山荘
P8128831.jpg

ここも眺望はなし
P8128832.jpg

ホタルブクロ
P8128842.jpg

シモツケソウ(キョウガノコかも?)
P8128878.jpg

小丸〜大丸の美しいブナ林
P8128845.jpg

ツワブキの群生
P8128886.jpg

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

大井よさこいひょうたん祭り

またも間隔があいてしまい申し訳ない。
遡る事、8月4日の大井よさこいひょうたんまつり。
大井町のよさこいはなぜか雨にたたられる事が多い。今年も上大井駅に着いた頃からパラりときて会場ではどしゃ降り。雨宿りの人で公民館も大混雑だった。
このまま演舞開始時間を迎えてしまうのかと心配したけれど、幸い通り雨でよさこい開始時は雨で気温も下がり良コンディションとなった。
昨年はステージを撮ったので、今年は流しを撮ろうと、明るい単焦点レンズを用意したんだけど、これが全くうまく行かなかった。中望遠のほうは強いフレアが出て、照明が入るとアウト、標準レンズはAFが迷いっぱなしと完敗。なんか、撮るごとに下手になっていくようで情けない。申し訳ないけど今年はアルバムのアップを見合わせようと思う。

Hadano乱舞「翔」
T8045743.jpg
ラブリーキッズB
T8045616.jpg
南風連
P8040205.jpg
ラブリーキッズA
P8040096.jpg
踊人〜ODORINCHU〜
P8040058.jpg
猿子舞隊 猿楽
P8040032.jpg
Splash Monkies
T8046102.jpg
えん舞連
T8045823.jpg
よさこい舞友伝
T8045805.jpg

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

ひのよさこい

ひのよさこいは、東京都日野市のよさこい祭り。
2009年以来、3年ぶりの撮影となった。
(撮影は先週の日曜日、7月29日)
3年前にも感じたのだけど、とにかく暑い。
流し踊り会場は広く長い。だから、舗装路からの照り返しがハンパない。
前日が稲取で、データ吸い出し等の作業で寝不足なのも応える。
まあ、ここを4〜500メートル流し踊る踊り子さんはもっと大変なんだけどね。
そして、さらに大変なのが、ひっきりなしに打ち水をするボランティアの皆さん。
台車に大きなバケツを乗せて撒くんだけど、マンパワーに頼るんでみんな疲労感が…。
でもねえ、こういうホスピタリティーはうれしいじゃないですか。
みれば、なるほどねえと思うアイデアだけど、実行するのは大変だよ。

参加チーム数は原宿などの有名なお祭りに比べれば少ないけど
本格的な流し踊り得意なチームが集まっているので、見応えも十分。
こういうチームが集まるのも、前述のひたむきな関係者の努力があるんじゃないかなあ
と思っちゃうのは、想像力逞しすぎかな?

小田原から参加の踊って弥雷!
P7290030.jpg
P7290054.jpg

妃龍
T7295048.jpg

花町百人衆
P7290085.jpg

舞華
P7290164.jpg

ぞっこん町田'98
P7290175.jpg

无邪志府中魁星
T7295031.jpg

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

プロフィール

菅谷 栄二

Author:菅谷 栄二
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。