スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真鶴よさこい大漁フェスティバル

昨年から始まった真鶴よさこい大漁フェスティバルはお林展望公園で行われていた「大漁まつり」とは別のお祭りとなっているけど、あちらは昨年をもって終了とのことなので、事実上統合となったのだろう。
昨年は開会式ギリギリに来て、座るところを確保できなかったので、今年は早めに行ってみた。観客席のいいところは、来賓と賛助金を出した町民用に割り振られていたので、ハジの方になってしまったけど、このアイデアは面白いと思った。来賓はどうかと思うけどね。
昨年と違って、非常に暑くなったので、客付きが心配だったけど、同じくらいはあったかな。
ただ、情報センター前の定点演舞場はキャパが限界なので、これ以上の集客を目指すには、演舞場を増やさないと難しいと思う。
コンテスト審査については、昨年書いたそのままだけど、まあみんな楽しそうだったから、そういうものでいいのだろうね。これ以上グチグチ云うのもジジイ化するだけなので、やめよう。
その後は、湯河原町にお月見を撮りに行こうなどと考えて、三脚をもって来たんだけど、久々に日向で長時間撮ってたら、グッタリしてしまって、不可能だった。

真鶴よさこい大漁フェスティバル
スポンサーサイト

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

第24回開成阿波おどり

開成町の阿波踊りは一年ぶりになる。昨年はえっさホイ踊りの初日と重なって断念。一昨年も雨で半分しか撮れなかったのでマトモな撮影は2年ぶりか。今年は残念なことに開成阿波踊りの最優秀賞をずっと獲っている東林間伍楽連が不参加だという。もう殿堂入りってことじゃないよねえ?
新橋連、あづま連といった個人的に気に入ってる連も来ないので、少々寂しいけど、地元連の実力も上がってるので、そちらに期待しましょう。
と少々のお久しぶり感とともに演舞を待っていたんだけど、結果から言うと今年が一番良かったんじゃない?という感想。初めて有料桟敷席に座って前列が空きがちだったというのも、幸いしているとは思うんだけど、やっぱり一番多い地元連のレベルが上がっているというのが大きいような気がする。今中心となって踊っている人は物心ついた時から踊ってる世代なんだよね。第24回は伊達じゃないってところでしょう。
最後の総踊りも大和笑星連、上島紫水連、東林間連といった盛り上げ上手な連がちょうど残っていたので、ぐわーっと込み上げてくるものがあった。
阿波踊りの総踊りは、決まった振り付けがあるわけではなく、地方の音に合わせてアドリブで皆踊るので、テンポが上がると圧倒されるような「力」を感じるんだよね。それがよさこいとはチョット違うところかもしれない。
開成阿波おどり

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

プロフィール

菅谷 栄二

Author:菅谷 栄二
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。