FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北條五代まつり

5月3日は小田原市最大のお祭り、北條五代まつりに行ってみた。とにかく、ここは人出がすごくて、撮影が困難なので二の足を踏みがちなんだけど、今年から新しい試みが始まるということで、撮影に出かけた。
「天下一忍者決定戦」は西宮神社の福男みたいで、忍者の被り物した選手達が「馬出門」を出て学橋までの約百メートルを走り競う。
ちょうど馬出門で撮れるかなと思っていたら、人混みで進めず、学橋手前で急遽カメラを構えることに。結果、ブレブレに(笑)。絞りすぎたか。

T5032306.jpg

気を取り直して「平成小田原大合戦」と命名された騎馬戦へ。ここは元小田原警察署があった場所で三ノ丸憩いの広場と名付けられている。近い将来に市民ホールが建設されるので、いつまでここで続けられるかは不明だけど、せっかく始めた事なので発展させてもらいたいと思う。

T5032599.jpg

今年も阿藤快さんが参加
T5032491.jpg

T5032472.jpg


パレードは合間にしか獲れなかったので、最後の帰着式を撮ろうとスタンバッてると、見た顔がリハーサルで踊ってる。出番前にチョットお話を伺ったところ、えっさホイの新しいチームを立ち上げたとの事。踊り子の方はえっさホイおどりで大活躍の中心チームで踊っていただけあって、しっかりしたもの。北條太鼓とのコラボレーションもビシッと決まってかっこよかった。
少しずつではあるけど、地元チームも増えているので、今年もえっさホイは熱そうな予感。

えっさホイ新チーム「伊澤屋」さん
T5032680.jpg

北條五代まつり2013のアルバム
スポンサーサイト

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

大野山山開きとぼやき

29日はもうすっかりゴールデンウイーク恒例のようになった大野山の山開きへ。今年は雨がない上によく晴れたので、富士山もよく見えて絶好のハイキング日和だった。
なんか、年ごとに登山者が増えてるみたいで、開山式の始まる11時ごろにちょうど山頂につくであろう御殿場線の車両はハイカーでいっぱい。
案の定、ほとんどの人が谷峨駅で下りた。(山北から登る人はもう一本早い電車だったのだろう)
その数は200人以上いたんじゃないかな。あの小さな駅が冗談のように人だらけ。
ホームを抜けるのも時間がかかる。おまけにトイレの長い順番も待ったので15分くらいロスしてしまった!
これは先着1000人に配る牛乳がもらえなくなるかも(笑)と先を急ぐ。

Y4293255.jpg
Y4293291.jpg
Y4293334.jpg
Y4293301.jpg

しかし、新緑も美しく富士も見える、野フジやヤマブキも見頃で撮影枚数は増え、立ち止まる回数も多い。
ここが大倉尾根なら、次々に抜かれるところだけど、のんびり登る人が多いので、逆にワシワシと追い抜いて行く。正にお山の大将状態でいい気になって山頂到着。100メートル近い列の後ろに並んで無事「きんたろう牛乳」をゲット!
今年もコーラスのマスカラードさんとフォルクローレのパチャママさんの音楽を楽しみながら食事。
お金がかかるわけじゃないけど、贅沢な時間がすぎて行く。

Y4293433.jpg
Y4293383.jpg

ここまでは、良かったんだけど、下山でちょっとしたトラブルが。
ここからいつもの谷峨駅や山北駅に降りるコースじゃつまらないから、と丹沢湖に行く道を選択してみた。
林道をしばらく行くと山道に入る案内看板がある。しかし、道は二本。すると小さな看板にマジックで描かれたメッセージを発見した。右はバツ印がある。案内看板にも気になる「ご迷惑をおかけします」の文字がある。これは正規ルートは右だけど、崩落などで左に巻道を急遽作ったのではないかと解釈して左に行く。そういえば、通行注意と書いてあったしな〜。と一人納得。しばらく行くと倒木で通行困難箇所が現れたけど、乗り越えた跡が明確にあったので、苦労してなんとか超えて行った。通行注意箇所ってのはここに違いない、 推理の自信が確信に変わったのも束の間、鉄塔が現れると、道が消えてしまった。そう、電力会社の作業道だったというオチ。
また、困難箇所を越えもとの分岐へ。また例の小さな看板を見るけど「バツついてたら行かないっしょ!」大きな案内看板に「何で謝ってんだよ!」と毒づく。

Y4293456.jpg
おそらく、電力会社関係者が書き込んだのだろう
Y4293457.jpg
倒木は難儀した
Y4293462.jpg


自分の判断ミスなのかなあ。釈然としないなあ。

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

丹沢まつり

このところ、ちょくちょくと丹沢に登ってるので、この丹沢まつりも興味があって出かけてみた。
20日の土曜日は前夜祭という事で、渋沢駅に近い西中学校を中心会場に行われた。
メインは夜のジャンボ火起こしとキャンプファイヤーだろうということで、午後の和太鼓、よさこいから撮影する事にした。
冷たい雨が降るあいにくの天候だったので、どうもお客さんの集まりが悪い。
会場全体でも、お祭りの賑わいとは言い難い状況。
演舞するチームも可哀想だけど、カメラおじさんも寒くて大変だった。
よさこいの後、プリキュアショーがはじまる前には、震えが来て明日の撮影が懸念されたので、早めの撤収を決めた。
なんと言っても、日曜がメインだし、その後のキャンプファイヤーなどは雨のため実施されるか不透明という事なのでここで無理する事もないかなと。

チョット寂しい
T4200886.jpg

秦野観光和太鼓
T4200884.jpg

踊り屋1ZEN
T4200895.jpg

広畑☆小町
T4200983.jpg

よさこいユキミ
T4200944.jpg

舞踊工場(なるまちゃん)
T4201060.jpg
舞踊工場(衝撃のおじさん時代)
T4201046.jpg

胡蝶連
T4201123.jpg

21日の日曜日は予報通り、朝から雨。
いつも塔ノ岳登山に行く大倉バス停の少し手前、県立秦野戸川公園で山開き式のあと、集中登山があるので登る準備をして山開き式を撮った。
でも、雨なので絵的にはどうなんだろうという感じ。みなさん、雨足が強まる中、演奏、コーラスに奮闘されていたんだけど、それが写し込めていないのだよねえ。
それでも、その後の集中登山のために大勢の人が集まっていたのは、さすがに感心した(この時は)んだよねえ。
雨の中カッパにザックカバーでやる気あるなあと。

秦野観光和太鼓
Y4212465.jpg

アルプホルン
Y4212480.jpg

100人コーラス
Y4212496.jpg

山門開き
Y4212527.jpg
Y4212543.jpg

集中登山へ出発か??
Y4212547.jpg

ここから集中登山で、塔ノ岳山頂では隊長さんが持った開山の鍵と、ヤビツから表尾根を通ってやってくる、秦野隊の鍵とを交換するセレモニーが行われるという。
正直、中止になるかもと思っていたけど、予定通り行われるというので、うちも現場主義でやってきてるので、まあ登らんわけにはいかんでしょう。
と、覚悟を決めたら、みなさん登山口からUターンして戻ってくる。笑
ええ?と思っても、ここで引き返すわけにも行かず、山伏さんたちに見送られながら、登り始める事に。
途中で隊長さんとも話をしたけど、ここまで参加者が減るとは、ビックリ!
結局、大倉尾根から登ったのは、隊長さん、僕と、もうひと方の計三人。ヤビツからも同人数の計6人で鍵交換のセレモニーを行う事に。
なんと、取り仕切る人もいなくて(笑)、みんな苦笑いの中、鍵交換が行われた。
ホント、これだけ静かな塔ノ岳山頂ははじめてだった。
せめて、主催者側から誰か来てくれないと、「丹沢」まつりが何をメインにして行われているのかわからなくなってしまう。

それでもしっかり鍵交換!山は開かれた(笑)
Y4212556.jpg

登りは写真を撮ってる暇がなかったので、帰りにちょこっと、マメ桜や新緑を撮ってみた。
眺望のない塔ノ岳は魅力半減もいいとこだけど、しっとりとして静かな山道はなかなか風情があっていいもんです。もちろん、晴れていたほうが気分いいけどね。笑

山頂近くには昨夜の雪が
Y4212561.jpg

雨に打たれたマメ桜
Y4212601.jpg
Y4212573.jpg

標高の低いところでは新緑がキレイだった
Y4212643.jpg

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

小田原かまぼこ桜まつり

久々に、小田原のかまぼこ桜まつりに行ってみた。
このお祭りをコンテンツにしようといつも思うんだけど、それがなかなか果たせずにいて気がかり。
今年こそはちゃんと写真を撮っておこうと思ったんだけど、寒くて会場到着が遅れてしまった。
ミュージシャンのライブとえっさホイおどり、創作和太鼓を撮影して帰宅。
これで、ちゃんとしたコンテンツにできるのか、不安。
桜のほうは、散りはじめた木も多いけどギリギリ踏ん張ってるかなと。
お花見ができないほどではない、と思う。

Y3301662.jpg
Y3301685.jpg
Y3301647.jpg

かまぼこのうた(ボサノヴァ風?)を披露
Y3301698.jpg

えっさホイおどり 摩耶恋
T3309777.jpg

えっさホイおどり 乱気流
T3309853.jpg

謎の金色夜叉
Y3301654.jpg

和太鼓集団 鬼我
T3309986.jpg

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

お峰入り

お峰入り

お峰入りは次回開催が定かではないので、最優先取材先のひとつ。過疎化が進む山北町の中で、厳しい状況続く共和地区の民俗芸能なので、存続自体が難しいところにきているとのこと。
現在の演者の三割近くが共和地区を出てしまった人で締められるまでに。地区の小学校も平成22年度をもって閉校となってしまった。これから先も若い世代への伝承の困難さが懸念されている。
暗い話だけど、これが現実なのであろう。
前回、役場駐車場が大混雑だったので、一時間以上前につく電車に乗ったけれど、それでも半分ほどは埋まっていた。もう少し広い会場でお願いしたいんだけど、無理かな〜。
ともあれ、最後列の立ち見席で撮影できたので、写真はソコソコ良かったと思う。この運営でナイスだったのが、桟敷席前の三角コーンと虎バーを演舞直前に撤去したのと、来賓席に空きがあったので開放してくれたこと。まあ、自分がそれで恩恵を受けたという事はないけど、臨機応変な対応は気持ちがいいもの。
前回と違っていたのが、「道行き」が大野山山頂から行われたこと。時間的に間に合わないと思ったけど、乗り合いタクシーに空きがあって、楽勝で山頂に着く。(そりゃそうだ) 牧歌的な雰囲気が加わり、こういうのも悪くないと思った。
神明社での演舞は山間の神社の境内というロケーションが素晴らしく、より深く感じるものがある。
どうして、数百年もこの集落でこのように複雑でエネルギーを必要とする郷土芸能が継承されてきたのか、その情熱はどこから来ているのかなど、思い巡らせながら観るのもまた楽しかった。

お峰入り
お峰入り

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

ISEHARAソーレ 小田原 風の盆

本日は伊勢原市のISEHARAソーレを見た後に小田原風の盆へ。
まずISEHARAソーレは伊勢原市ゆかりの太田道灌にちなんだ道灌祭りと同時開催されるので、人が多い。5年前にも来たけど、ここまでは混んでなかったような気がする。出場するのは、よさこいを中心にした市内外チーム。コンテストがあるわけでもないので、マッタリとしている。
風の盆があったので、知ったチームをチョット撮って、ソソクサと退散。東農大2チームや実践女子大WINGも見たかったけど、会場が離れているので、難しかった。

Splash Monkies
ISEHARAソーレ

Funny
ISEHARAソーレ

踊人〜ODORINCHU〜
ISEHARAソーレ

いせはら舞呼
ISEHARAソーレ

風の盆はテッキリ6時30分スタートかと思っていたけど、今年は少し遅めの7時。まあ早い分には問題ないでしょうと、のんびり待つ。
演舞開始1時間半前でもチラホラと場所取りの人がいた。
やっと倖田門通りが通行止めになり、いよいよ始まるかと思ったところで、いきなりピンチの予感。なぜか演舞開始ギリギリになって「報道」の腕章をした人たちがワラワラと演舞場へやってきた。タウン紙のスチルカメラが3人と地元ケーブルテレビが一人。前に立たれるとここまで待った苦労が水の泡、メンチ前に来ませんようにと祈りながら撮り始めると、幸いほとんど前に立たれる事はなかった。でも自分より10メートルほど後ろにいた人は三脚で撮る人に長時間立たれてしまったから悲惨だったなあ。というか、なんで、スチル3人も入れるのかわからん。
3年ぶりの撮影だから判らなかったけど、いつからこういう事になってるのだろうか?観るのも運次第だなあ。 笑←自分の前に立たれたら、笑ってられないけど。

小田原 風の盆
小田原 風の盆
小田原 風の盆

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

足柄峠 笛まつり

ちょっと遠いこともあって、すっかりご無沙汰してた笛まつりは、なんと6年ぶりの取材となる。
いやー全然、そんなに間隔があいたという感じはなかったんだけどねえ、いかんね。
この日の目的は、笛塚そばでの雅楽演奏と「ささら踊り」の動画を撮る事。

昔の感覚ではかなりの人出で撮影は苦労するかと思ったんだけど、暑さのせいか心配したほどの人はなく、撮影もなんとかなった。しかし、こんなに人がいなかったかな?

T9093453.jpg
T9093677.jpg
T9093831.jpg

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

開成阿波おどり

今年は大和や東林間に行かなかったので、開成が一年ぶりの阿波踊り撮影となった。
よさこいは相変わらず撮ってるんだけど、それとはまた違ったよさが阿波踊りにはあるので、やっぱり楽しいね。
昨年は桟敷席にちょうど空きがあって楽して撮ってたんだけど、今年は空いてる席がちょっと障害物があって桟敷席は諦めた。固いコンクリの縁石に腰掛けて撮るのもええでしょう。

なぜか今年は全連参加のパレードが演舞前にあって、なかなか楽しめた。
こういう顔見せ的な踊りもいいんじゃない?
ただ、一時間で20連以上が流し踊るので、間隔があまりない。
地方の音が混じってしまうので踊りにくそうな連もあったなあ。

個人的にファンの伍楽連、新橋連、あずま連が出ないのはちょっと寂しいんだけど、開成町町内の連も充実してるので時間が過ぎるのも早かった。

P9085521_2.jpg
T9082300.jpg
T9082474.jpg
T9082813.jpg
T9083013.jpg

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

ASHIGARAアートフェスティバル ファイナル

先週もおつたえしたASHIGARAアートフェスティバルのファイナルイベントが南足柄市の文化会館で行われたのでチョロっと行ってみた。トークセッションとミニライブを観て帰ったんだけど、どこかにワークショップなどで造られた作品が展示してあったらしいんだけど、気がつかず残念。というか、それは写真にしとかないとダメでしょう。
トークセッションはなかなか興味深かったんだけど、あしがら地区の今後を考え県の事業として始まったのがこのフェスティバルで、大枠がしっかり決まっているわけではなく、このVol.0で探りながらの出発だったようだ。あしがら地区の豊富な自然とアートを結びつけて、地域の活性化を狙うというのはよく理解できるし、多いに共感する。であるけど、より多くの人をこのイベントに集めるというのは、やはり大変な事だと思う。来場者20万人を超える開成町のあじさい祭りや松田町の桜まつりも、一足飛びになし得たわけじゃないので、継続的な支援は必要だと思う。
ミニライブは、こう言っては失礼かもしれないけど、想像してたよりずっとレベルが高くて驚いた。3組がまるっきり別ベクトルの個性だったのもよかった。個人的にはソロで歌った上田Whoさんがグッと来たかな。ピンクさつまいもさん、GOMEN'S×SUMAN'Sさんも良かったんだけどね。

T3102420.jpg
T3102423.jpg

ピンクさつまいも
V3106931.jpg

上田 Who
V3106945.jpg

GOMEN'S×SUMAN'S
V3106961.jpg

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

チェーンソーアートとかいろいろ

チェーンソー使って丸太を作品に仕上げる、チェーンソーアートというものがある。鉈彫りのような荒々しさで、力強い印象を与える豪快な芸術だ。その第一回競技大会が、足柄上合同庁舎グラウンドで行われると知って、出かけてみた。到着は午前のパフォーマンスが終わり、休憩に入った正午12時頃。特設ステージではゲストの清水国明氏がチェーンソーアートの魅力について語っていた。自身の冒険に触れて、長生き競争なんかしてもしょうがない!という発言にひそかにうなずく。
午後の部がはじまると、いっせいにチェーンソーの音が会場にこだまする。なにしろ、20人くらいが一斉に始めるから、その音量はすさまじいもの。でも、この音も含めたパフォーマンス込みのアートなんだなと思う。細部を丁寧に仕上げることなんか、最初から想定してないので、一日でも完成できるのだろう。なかなか、面白いんで今後とも続けて欲しい。
そうそう、昨日買い損ねた開成町の「郷弁」をこの会場で食べることができたのはラッキーだった。無農薬で育てられた地元の野菜がふんだんに入った、ヘルシーな赤飯弁当。歳を取るとこういうのがうれしいんだよねえ。いやいや、そんなに歳じゃないと思ってるけどさ。

チェーンソーアート
チェーンソーアート
チェーンソーアート
チェーンソーアート 郷弁

全作品が完成するまでいたかったけど、昨日の行き帰りのサイクリングロードに出てた「ソウセイカフェ」の看板が気になってたので、早めに切り上げ。昨日調べてみると、ASHIGARAアートフェスティバルの一環で、使われなくなった工場を改装して、期間限定でカフェとギャラリーをオープンしたらしい。見るからに怪しげな外観が好奇心を刺激する。
中もよい感じに廃れ感があって、独特の味を醸している。メインのギャラリーは横井山氏の大作が飾られていて、迫力がスゴい。あしがら地区にはなかなかギャラリーもないので、こういうところが継続していけると面白いのだけど、フェスティバルの中のプロジェクトなので今後については、流動的な要素が強いようだ。

ソウセイカフェ
T3042192.jpg
ソウセイカフェ
ソウセイカフェ
(写真はフィルター処理してあります)

その後同じプロジェクトの「びるぼっくり」へ。こちらは飲食ではなく、一階が現代アーティストの展示で二階が地元作家の展示・販売となっていた。一階の展示は個性のベクトルがまるで違う作品が集められ、それぞれに引き立て合っているかのようだった。二階は工芸作品が多く、このアートフェスティバルが、幅広く作家を募っているのがわかる。
両会場とも、3月11日まで。ソウセイカフェは金土日、びるぼっくりは土日の開場。

びるぼっくり
びるぼっくり
びるぼっくり

テーマ : 神奈川
ジャンル : 地域情報

プロフィール

菅谷 栄二

Author:菅谷 栄二
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。